年末調整

子供が生まれる前に学資保険

何事も前もって準備をしておくことは大切ですが、こどもの将来に備えて、子どもが生まれる前から準備をすることができるでしょう。
例えばこどもが着る服、住む部屋…など挙げればきりはありませんが、ずっと先の将来を見据えた考え方ができます。
そこで一つの選択肢として前もって準備できるのが、「学資保険」です。

学資保険とは、各保険会社が用意しているもので、こどもの将来のために保険料を支払うという形で、いわば「貯蓄」を行うことによって、いつかは必要になってくる教育費や生活費に備える目的のものです。
親が子どものために使うお金は、成人するまでの間に1000万円程度またはそれ以上とも言われています。
子どもの可能性を広げてあげるためにも、学資保険によって将来に備えることができるでしょう。

子どもが生まれてから色々な準備をするとなると、なかなか忙しくてできないものです。
いろんなことを後回しにしてしまうと結局大変になってしまいます。
それで、出産前から、用意をしておくなら、余裕をもって生活を送れるでしょう。
一つ注意すべき点として、学資保険にはいくつか種類があり、選ぶものによっては、支払う額と将来受け取る額に大きな差ができてしまう「元本割れ」のリスクがあるということです。
この点を良く考えた上で学資保険に入る必要性があるかどうかを決定しましょう。