年末調整

学資保険は月払いと年払いでの利点

子どものために、子どもが小さいうちから備えておきたいという方は少なくないでしょう。
そこで利用できる保険が、「学資保険」です。
学資保険は毎月保険料を払い続けることによって、お祝い金や満期金として給付金がもらえるものです。

学資保険の保険料支払いに関しては、他の生命保険とあまり変わりはありません。
子どもが0歳の時に契約したのであれば、18年満期のものなら子どもが18歳になるまで保険料を支払うということになります。
方法として、月払いと年払いを選択することができます。

年払いを選択した場合、月払いに比べて支払う総額が若干ですが安くなります。
しかしそれは年間で何十円の差で、15年や18年で考えたとしても何千円かの違いしかありません。
そこを大きな差と考えるのであれば年払いが良いでしょう。

また、「必ず毎月支払わなければいけない」という考えがない分、精神的にも余裕を持てるかもしれません。
ボーナス運用も可能ですね。
しかし、一度に一年分の支払いは難しいと考える方もおられると思いますので、結局は家庭の経済状況に合った学資保険を選択することが好ましいと言えます。
どちらにしても、どの学資保険を選ぶか、支払方法http://www.md-mba.org/pay.htmlをどうするかについて、よく考えてから決めましょう。
学資保険の毎月の保険料は1万円以内にしているご家庭が多いようです。
毎月決まった金額を支払い続ける必要があるため、背伸びして頑張り過ぎないように家計の負担にならないで済む程度の金額で設定しましょう。