年末調整

一番お金のたまる学資保険

学資保険という保険を知っておられるでしょうか。
こどもの将来に備えて、お金という形で将来受け取ることができるというものです。
学資保険には、貯蓄を優先させたものと、よく「子ども保険」とも言われていた、医療保障に重点を置いた学資保険があります。

貯蓄型のものは、支払った金額=将来もらえる金額(すべてがその通りではありません)と考えて良いでしょう。
対して医療型のものは、子どもに何かあった時のために医療保障が付与されていますが、将来もらえる給付金が少なくなる可能性があります。
子どもにとってどの選択が一番良いのか、考えましょう。

考え方によっては、銀行での定期貯蓄を選ぶ方もいます。
ちなみに、育英年金と呼ばれているものは、親に何かあり保険料が支払えなくなってしまっても、支払が免除され、給付金も保障されるというものです。
学資保険のメリットとしては、継続性があるということですが、学資保険を選べば、一番お金が貯まって安心!ということは手放しで言えません。

先ほども説明したように、学資保険には「元本割れ」http://www.babysabode.com/break.htmlという、もらえる給付金が少なくなってしまう可能性があるからです。
ですので、教育費を貯めるという観点で見た場合、最善の方法は絶対学資保険!という見方をしていては危険です。
どうすれば一番子どものためになるか、ということを考えて、よく保障内容を比較考慮して決めましょう。