年末調整

なぜ学資保険に入るのか

子どもの事を第一に考えている親であれば、今の事だけでなく、将来に何か形のあるものを残してあげたい、と考えるかもしれません。
そんな方が利用されるのが、「学資保険」という保険です。
よく、「子ども保険」という言い方がされていましたが、今はほとんど同じ意味ととらえて頂いても良いです。

学資保険は、保険料を支払い続ける(貯蓄を行う)ことにより、将来給付金という形でお金を受け取ることのできる保険のことです。
なぜ学資保険を利用するのかというと、将来子どもが高校や大学に行くとなった際に、お金が必要となりますから、その教育費に充てたいと考える人がいます。
銀行への貯蓄でも良いのでは?と考える方もおられるかもしれません。

学資保険を選ぶメリットとしては、定期貯蓄より継続性がある、ということと、医療保険を兼ねたものを選ぶことができるという点です。
月に決まった金額を保険料として払い続けますので、少しお金に困った…ということがあっても、容易に引き落とせません。
また、医療保険がセットになったものであれば、将来への貯蓄の他に、その間の子どもの医療費も賄うことができます。
しかし、この学資保険は、「元本割れ」という、支払った額よりもらえる額がかなり少ない、という事態も発生しかねませんので、慎重に保険は選びましょう。